緑いっぱいの素敵ガーデン♪

NEWEST[最新施工事例]

エスビック/アクシア・サークル

 

まずは、コンクリート擁壁で土留めと階段を設置。

Before

エクステリア/外構工事

 

 

 

 

 

 

 

 

高低差のあるお庭には、コンクリート擁壁でがっちりと土留めをしますが、今回のこだわりは、玄関からの動線を考え、コンクリート擁壁の間に階段を設置しました。

エスビック/ロシェ

こちらのアプローチは、ご主人さまからのご提案デザインです。

舗装材は、おなじみにエスビック/ロシェというインターロッキングを使用し、サイズの違いでこだわりのアプローチとなりました

お庭へのステップもエスビック/ロシェとショコラレンガを使用してあります。

 

 

お庭へ上がると...ヨネザワ工業/ハンディストーンで土留めをした中を、エスビック/アクシア・トラッドのコンクリート平板でアプローチとしてあります。

こちらの土留め資材は、基礎は必要なしで、しかも手軽に曲線が描ける優れものお庭の中に立体感を出す事もでき、また時には花壇の仕切りとしても大活躍です。

ヨネザワ工業/ハンディストーン

エスビック/アクシア・トラッド

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭の中のアプローチには、樹木周辺を歩けるようにエスビック/アクシア・サークルでデザイン。工事完了後、お客様自ら将来シンボルツリーになる予定の樹木を植えてくれました。

エスビック/アクシア・サークル

 

アプローチ沿いには、エスビック/ショコラでちょこっと花壇を設置。

エスビック/ショコラ(レンガ花壇)

 

天然芝との仕切りにも、同じくエスビック/ショコラレンガを縁取りに使用。

統一感を出し、全体のバランスを重視しました

 

 

 

 

L型土留めプレーンタイプ

バックサイドにはヨド物置を設置。

道路の勾配を考え、H500とH300のL型土留めを設置。

こちらは表面に模様のないプレーンタイプを使用し、すっきりとした土留めになっております。

H500のL型土留めには、きちんと水抜き穴も付いている優れものです。

 

 

まだ未完成な部分の多いお庭ですが、これからお客様でいろいろと自分スタイルのお庭を造る最初の段階のお手伝いをさせていただきました。

これからも、この様な施工依頼もどしどし受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

またプランニングが冬期間であったので、じっくりと打ち合わせする事ができました

<株式会社 森 造園  専務取締役 森 正光>

http://www.morizouen.co.jp/

« »